引越しにかかるお金

引越しと言えば、新しい家、そして新しい環境、場合によっては新しい家族との生活をスタートさせるとっても楽しみな出来事です。しかし、引越しをするにあたってはさまざまなお金が発生します。また、新生活を始めるとなると家具や家電を新しくして見たくなったり、思わぬ出費も多いもの。そこで、まずは引越しをするにあたり必ずかかるお金にはどんなものがあり、どれくらいかかるのかを見て行きましょう。

 

必ず必要な費用

敷金

敷金は、物件や地域により異なりますがだいたい家賃の0〜3ヵ月分が相場と言われています。この敷金は、たとえば住人が家賃を滞納したり、部屋を汚した、破損したなどの場合を想定して担保されるお金です。通常通り使用していてなんの問題もなければ退去時に全額返還されます。(退去時の清掃費用を差し引かれる場合もあります。)
もし、部屋の原状回復に費用が発生する場合などは、こちらから差し引かれるケースもあるようですね。

 

※原状回復とは
原状回復とは、賃借人の過失や故意による汚れや破損があった場合に、賃借人の負担で元通りに修繕する義務のことを言います。
普通に使用していて年月が経過したことで汚れた壁紙などは賃借人ではなく、家主負担での修繕となります。しかし、たとえばペット不可の物件でペットを飼っていて、壁紙を傷つけてしまった場合などは賃借人負担となります。
ただし、この原状回復については解釈が地域や人により異なる場合が多く、揉めることもしばしば。もし、理不尽で納得のいかない内容だと思ったら、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を確認、または国民生活センターへ相談してみることをおすすめします。

 

礼金

礼金は、敷金と同様に賃貸契約の際に必要となるお金ですが、敷金とは性質が異なります。そもそも礼金は敷金と違って返還されることはないのです。近年、礼金ゼロ物件が増えてきていますが、しかし未だに礼金を家賃の1〜2ヶ月程度に設定している物件が少なくありません。そもそもこの礼金とはなんなのでしょうか?
礼金は文字通りお礼のお金、というところから来ているようです。つまり、部屋を貸してくれた大家さんに対するお礼のしるしというわけですね。この風習が関東や京都を中心に今も残っているところが多いようです。
しかし、この礼金という制度、地域により結構な差があるようです。首都圏では礼金1〜2ヵ月分は当たり前のように見かけますが、たとえば北海道では基本的に礼金ゼロ、その他の地域では礼金ゼロの代わりに敷金が4〜5ヵ月分に設定されているところもあります。

 

仲介手数料

仲介手数料は不動産仲介業者が賃借人から受け取る報酬のようなものですが、実はこれにはきまりがあって、賃貸借契約の場合は貸主と借主の両方から合わせて家賃の1ヵ月分までしか受け取ることができないことになっています。実際、多くの仲介業者は家賃の1ヵ月分、あるいは半月分としているところもありますが、万が一2ヵ月分以上の手数料を取る業者がいた場合は注意が必要です。
ちなみに、仲介手数料を安くしている業者は、貸主負担としてすこしでも借り手を早く見つけたい、といった目的がある場合もあるそうです。

 

前家賃+日割り家賃

賃貸の場合、大抵は入居日が決まったら事前にその月、あるいは翌月の家賃を先払いすることになります。さらに、入居日が中途半端な場合は日割り計算の上で家賃を先払いとなります。引越しを検討する場合、今住んでいる家の家賃支払いと新居の前家賃とができるだけかぶらないように調整できれば、ムダがなく引越しができます。退去する家の家賃は通常日割り計算はできませんので、退去する月分丸々支払うことになりますが、新居の家賃発生開始日は交渉次第で多少融通がきく場合がありますので、賃貸契約をする際に相談してみるといいかもしれません。

 

火災保険料

賃貸契約の場合、火災保険料の契約も必要になります。これは、失火責任法という法律が関係してきます。もし、自分の部屋が火事になってしまった場合、重大な過失がない限りは建物の立替などの負担はしなくても良いことになっています。ただし、部屋は原状回復が必要となりますので修繕の負担をする必要があります。また、その火事で隣人宅にまで被害が及んだ場合も、損害賠償責任は発生しません。

しかし、それではいつどこで火災が発生して自分のところに被害が及ぶかわからないですよね。そういう時の為に、火災保険があります。 つまり、この火災保険はもし自分が火災を起こしてしまった場合の原状回復と、家財道具の為の保険ということなんです。
ただし、先ほどご説明しましたが、重過失があった場合、そしてガス爆発については失火法が適用されないので注意が必要です。
ちなみに、重過失とはたとえば油をコンロにかけたまま長時間その場を離れたり、寝タバコなどがあります。

 

鍵交換費用

昔はあまり行われていなかった鍵交換ですが、いまは多くの物件で入居者が変わるたびに交換されています。そしてその費用が賃貸契約時にかかることになります。相場は概ね1万円前後になります。交渉次第では貸主側の負担にもできるようですが、実際にはなかなかそういった事例はないようです。また、自分で安い業者を見つけて依頼すれば費用を抑えられますが、管理会社や貸主の了承をもらわないと実行できません。こちらもあまり例がないようです。

 

消毒料

入居時に発生する消毒料ですが、これは任意の場合が多く、断ることで費用を削ることができる場合があります。この消毒は、いわゆる害虫駆除の目的で行われていますが、部屋自体はクリーニングされているので汚いということはありません。消毒の効果も永久ではなく、せいぜい2〜3ヵ月程度なので不要と思ったなら断って問題ないでしょう。1万〜15000円程度取られる場合がありますので、大きいですよね。

 

具体的な費用

では、具体的に初期費用がどれくらいかかるのかを計算してみましょう。
まずはひとり暮らしの場合から。
※管理費等は除いています。

 

家賃5万円の場合

敷金-10万円(2ヵ月分)
礼金-5万円(1ヵ月分)
仲介手数料-5万円(1ヵ月分)
前家賃-5万円(1ヵ月分)
火災保険料-2万円
鍵交換費用-1.5万円
引越し費用-4万円(単身パック/市内)

 

合計 325000円

 

家賃10万円の場合

敷金-20万円(2ヵ月分)
礼金-10万円(1ヵ月分)
仲介手数料-10万円(1ヵ月分)
前家賃-10万円(1ヵ月分)
火災保険料-2万円
鍵交換費用-1.5万円
引越し費用-4万円(単身パック/市内)

 

合計 575000円

 

次に二人暮らしの場合を見てみましょう。

 

家賃5万円の場合

敷金-10万円(2ヵ月分)
礼金-5万円(1ヵ月分)
仲介手数料-5万円(1ヵ月分)
前家賃-5万円(1ヵ月分)
火災保険料-2万円
鍵交換費用-1.5万円
引越し費用-10万円

 

合計 385000円

 

家賃10万円の場合

敷金-20万円(2ヵ月分)
礼金-10万円(1ヵ月分)
仲介手数料-10万円(1ヵ月分)
前家賃-10万円(1ヵ月分)
火災保険料-2万円
鍵交換費用-1.5万円
引越し費用-10万円

 

合計 635000円

 

上記は相場を元に計算していますが、一回の引越しで結構な金額がかかることがわかりますね。さらに、引越しをすると上記以外にも意外な出費が発生する可能性があります。

 

  • カーテン購入
  • 不用品回収
  • 家具家電の購入
  • 新居の挨拶の品物

 

こうした、想定していない出費が発生することで、引越し費用はさらにかさみますので、引越し資金は多少の余裕を持っておく必要があります。

 

引越し費用の節約ポイント

.敷金礼金がゼロの物件

敷金は退去時に返ってくるとはいえ、礼金は返ってこないお金ですからできるだけゼロの方がいいに決まっています。また、敷金も返ってはきますが、契約時にお金を一旦預けることになりますので、できればゼロか少ない方がいいものです。流石に両方ゼロゼロは難しいかもしれませんが、礼金をなくしてもらったり、削ってもらう交渉は出来る可能性があります。いくつか部屋を内見した後、不動産屋との話の中で「礼金が0なら即決するんだけどなあ…」といった具合にそこさえクリアできれば即契約できる雰囲気で交渉を進めてみましょう。案外スムーズに交渉がすすむ場合もありますよ。

ちなみに、ゼロゼロ物件ですが、もちろん初期費用が少なくて済みますので良いのですが、あまりゼロゼロにこだわることはおすすめしません。というのも、ゼロゼロ物件はそもそも数が少ないんです。ですから、「ゼロゼロしか見ない!」なんて頑固なことを言っていると、良い物件にお目にかかる可能性が低くなります。部屋の条件よりもお金が一番、という場合には問題ないかもしれませんが…
ただし、ゼロゼロ物件にも落とし穴がある場合があるので注意が必要です。
たとえば退去時の清掃費用などがあらかじめ設定されている場合があります。そして、それが通常より高額な場合があるのです。こうなると、結果的に損をしてしまうことになりかねませんので、ゼロゼロ物件を契約する場合には契約内容をよく確認しましょう。

 

引越し業者にかかる費用を抑える

引越し業者へ支払うお金も、上手にやりくりすることでかなり節約が期待できます。しかし、そのためにはまず引越し費用の仕組みと相場を知る必要があります。まずは引越し費用の仕組みについて見てみましょう。

 

運送費用

これは単純に考えて、移動距離が長い場合は費用も高くなり、距離が短い場合は安くなります。また、曜日や時間にもよりますね。土日休日だと割高になります。引越しシーズンと言われる春先は平日でも高くなってしまいますので、できれば避けたいところ。できるだけ安く済ませる為には引越しシーズンを外し、平日で時間を業者のお任せにすれば、最も安い費用で引越しができるでしょう。

 

資材/人件費

引越しに必要なダンボールであったり、家具家電の梱包資材、そして一番重要な人件費です。部屋の大きさや荷物の量によりスタッフの人数は異なりますが、当然人数が多ければ多いだけ人件費は跳ね上がります。だからと言って荷物に対して極端に少ない人数でお願いして、費用を抑える、ということはできませんので無理は言わないようにしましょう。

 

その他オプション

引越しの際には、ただ荷物を搬出搬入するだけではなく、オプションでお願いできるサービスがいくつかあります。その代表的な例がエアコン設置とピアノ運搬です。

エアコンはいままで住んでいた部屋のものを取り外し、新居での取り付けとなるのが一般的です。1台のエアコンで3万円前後かかることもありますので、場合によっては買い換えた方が安上がりな場合もありますので、事前に価格を確認しましょう。なお、費用を節約したいからと言って素人が取り外しや取り付けを行うのは危険ですし、きちんと作動しないといったトラブルを招く可能性もありますので注意しましょう。
ピアノ運搬は、引越し業者により取り扱っているところとそうでないところがあります。ピアノ引越し専門業者もありますので、そちらを利用するという方法もあります。
ピアノ引越しの料金相場は、市内の引越しでも3万円前後、他県へとなると10万円くらいかかる場合もあります。さらに、建物によってはエレベーターに入らなかったり、階段や廊下、玄関が狭くて搬入できず、クレーンで釣り上げて窓からとなってプラス費用がかかる場合もありますので、あらかじめ寸法の確認も必要です。

 

とにかく費用を抑えたいなら

何よりも費用を抑えることを第一に考えるなら、以下のポイントをおさえて引越しの予定を決めましょう。

 

  • 引越しシーズンを避ける
  • 平日にする
  • 時間を業者のお任せにする
  • できるだけ荷物を減らす

 

引越しシーズンは2月から4月で、この時期は業者も繁忙期になりますからだまっていても仕事があふれています。そんな時期は当然基本的に料金が高いので、平日でも割高です。どうしてもその時期に引越しをしなければならない場合はやむを得ませんが、可能であればこの時期を外して引越しをすることをおすすめします。もちろん曜日は平日がいいですね。土日や祝日はみなさんお休みで、そこを利用して引越しをしたいと考えるかたがほとんどです。料金が高いことはもちろんですが、そもそも忙しくて依頼ができないという場合も考えられます。

もし、曜日や時間の調整ができるのなら、平日で時間をお任せにしてしまいましょう。
時間をお任せにすると、引越し業者のトラックが空いている時間を利用して運搬ということになります。ですから、当日の時間があまり読めないというデメリットはありますが、その分料金を節約できるメリットはあります。
また、引越しの移動距離は変えることができなくても、荷物の量を減らすことは多少できるかもしれません。荷物の量が少なければその分作業時間も短縮となり、料金にも影響します。たとえば初めから不要とわかっているものや、買い替えを検討している家具家電などは引越し前に処分してしまったほうがいいですね。
不用品の処分はリサイクル業者などに買取してもらえば、引越し費用の足しになるので嬉しいですが、場合によっては回収にお金がかかってしまう場合があります。特に古い家具や家電はお金を取られる場合がほとんどです。家電は購入から1年以上経過してしまうとたいてい金額がつきません。
ネットから型式などを入力することで買取見積もりを出してもらえるところもありますので、そういったところで一度金額を確認し、売れるようなら売ってしまってもいいかもしれませんね。そして、もし買取不可の場合におすすめなのがジモティです。ジモティは、近隣で不用品を欲しいという方がいた場合に、譲ってあげたり逆に譲ってもらったり、売買などもできる掲示板です。ここなら、回収してもらうのにお金が発生するような家電でもまだ使えるものなら欲しいという方が見つかるかもしれません。こうして上手に荷物を減らして引越し費用を節約しましょう。

 

安い引越し業者の選び方

これまでご紹介しましたように、引越し業者の料金はその時期や時間、曜日に加えて移動距離や荷物の量で決まります。
しかし、同じ荷物の量でも、同じ移動距離でも業者によって金額に差が出る場合があります。
これは、業者ごとの得意な運搬方法であったり距離が関係してきます。ですから、引越し業者を決める場合に適当に1社に決めてしまうのはおすすめしません。相場料金を確認した上で金額交渉することも視野に入れて、webからの一括見積もりを利用するのがもっとも安い引越し業者を見つける方法です。
webからの一括見積もりは無料で利用できますし、一度の入力で複数社へ一気に見積依頼できるので手間もかかりません。まずは一括見積もりで相場料金を知り、その上で安い業者へ依頼するなり、気になる業者と交渉すると良いでしょう。

 

引越し侍

  • 引越し侍は、230社以上の業者の中から最大10社まで無料一括見積ができます。
  • 引越し業者ご紹介件数は2130万件突破。(2016年5月現在)
  • 最大差額50%の場合もあり。
  • キャッシュバックなどのキャンペーン中ならさらにお得!

 

引越し達人セレクト

  • Webからのカンタン60秒見積で最大55%OFF!
  • 他サイトより1円でも高ければ差額を返金!
  • 総額13万円もお得になる新生活応援5大特典。
  • ここでしか手に入らない引越し交渉術ガイドプレゼント!

 

HOME’S 引越し

  • 最短45秒カンタン入力で見積もりスタート!
  • 引越し料金最大50%割引!
  • 提携引越し業者のHOMES限定割引特典や無料のダンボール等でお得に。